東武鉄道の2021年度設備投資計画で気になる点(2)前編

2021年4月30日、東武鉄道が2021年度設備投資計画を発表しました。例年どおりです。

先日までに東武鉄道の2021年度設備投資計画を要約した記事および気になる点(1)を執筆しました。

この記事では発表された設備投資計画の中で気になる点を取り上げて、今後の展望を予想します。

はじめに申し上げますが、当ブログに掲載する今後の展望は東武鉄道が公式に発表したものではございません。

東武鉄道に問い合わせるといったことはおやめください。

では今回は気になる点3つのうちの2つ目、車内ビジョン拡充について今後の展望を書きます。

車内ビジョン拡充の最初の予告

車内ビジョンを拡充しますと最初に発表されたのは2018年度の設備投資計画においてです。

東武鉄道2018年の設備投資計画

ここには

2018年度より、東京メトロ有楽町線・副都心線・半蔵門線直通の50000系車両を対象に導入を推進し、ご案内の向上を図ります。

と書いてあります。

この設備投資計画には衝撃が走りました。

というのも2017年度以前から東急や小田急、西武は続々と15インチLCDを17インチワイドLCDに交換していました。

特に小田急や西武はもともとLED表示器だった車両にLCDをつける事業も行っていました。

京王もそこそこ古い7000系に、京急も1000形をリニューアルに際して、相鉄も9000系リニューアルに際して17インチワイドLCDを取り付けを進めました。

ついには京成も3000形や全車両に17インチワイドLCDを取り付けることを発表しました。

一方で、東武は既存車に対して大型のLCDを設置する気配が一切ありませんでした。

当時新造車は2012~2015年度製造の60000系で1画面、2016年度から製造の70000系列で3画面搭載する状況で、2画面LCDの車両を持たない首都圏では珍しい大手鉄道会社でした

その状況下で突然

「地下鉄直通の50000系列にLCDをつけます!」

なんて言うものですから、話題になるに決まっています。

それ以降地下鉄直通の50000系列が離脱するたびにLCD設置が話題となっていますが、現在の設置状況はどうでしょうか!?

車内ビジョン拡充の状況

以降車内ビジョン拡充はLCD設置とも呼称します。

50000系列に関して当初から設置されていたのは

東上線系統の

51076Fと51077F(どちらも2011年度製造)

のみです。

この2編成はLCD搭載というだけで、ものすごく話題になりましたね。

ついに東武鉄道のトラウマが解消されたか~

と思いましたよ。

他社が続々とLCD搭載車を投入する中、2011年度になるまでLCD搭載車が1両も現れないことには、東武なりの事情があるのでしょうけれども。

なおこれら2編成も当初は17インチワイドLCDが1画面のみで、広告画面がなかったので改造の対象でした。

そして

51076F

2019年4月2日(1日?)突然こんな情報が出ました。

なんと51076FがLCD2画面化改造工事を受けて復帰したようです。

運用離脱の情報があまりなかった記憶があるので、あまりに不意打ちすぎて驚きましたよ。

ここで2画面化来るか!

と。2018年4月27日に発表されてからおよそ1年

2019年4月2日から情報が出回るということは2018年度から改造工事を施しているでしょうから、まぁ間に合ったといえます。

しかし遅いな~~

51076Fが改造される前から、地下直の50000系列(主に50050型)が入場するたびにLCD設置かと騒がれ、結局設置されないーー

というのを繰り返して、半ばあきらめムードでしたからね~、2018年度は。

ただ51076Fから2画面LCDが設置されたのは順当でした。

映像を見るかぎり、既存の準備工事された左枠にLCDを設置するのみの工事であり、LED車からの工事よりも簡単に済むからです。

このままいけば次は51077Fだろうと誰もが予想し、遠くないうちに51077FもLCDが2画面化されました。

51077F

2019年5月8日に運用離脱し、2019年6月26日?に運用復帰しました。

LCD設置のための工事期間はおよそ1ヶ月半です。

ここまでは順調にLCD設置工事が進みました。

しかしこの時点で残っている対象の編成はすべてLED千鳥配置の編成です。

誰もがこれ以降どのようにLCD設置を進めていくのか疑問に思っていたはずです。

とおっとここで(2019年7月)51071Fが運用離脱! 森林公園でLCD設置工事に入ったかと思われました。

しかし運用復帰した結果はWi-Fi取り付けのみ

あ~、まだ検討段階なのかな!?と勝手に考えていました。

そして遠くないうちに51072Fが運用離脱。

私てがきろうは

「51071Fはたまたま、まだ検討段階だっただけでこれからLCDが設置される可能性はある!!」

と楽観的にみてたのですが

なんとWi-Fi取り付けのみで復帰ーー。

フォ~って感じでしたよ。

なんとここまで51071Fと51072Fが連続で工事したにもかかわらず、設置されたのはWi-Fiのみ。

私てがきろうはこの時点で、あぁLCD設置やめたのかなと思っていました。

ブログを読んでくださってる方々もそう思っているはずです。

というのも2019年度の設備投資計画では車内ビジョン拡充の項目が削除されていたことを思い出したからです。

2019年度の東武鉄道設備投資計画

そして少々時間が経ったのちに51073Fが運用離脱しました。

もうLED設置編成3編成目の運用離脱だから、Wi-Fi設置だけだろうと…

中編に続きます。

広告
手書き文字や東武東上線に関する情報を手に入れたい!