東武東上線2021年春のダイヤ改正 まさかの繰り下がりがある?

もう多くのメディアが東武東上線を含むダイヤ改正について取り上げていますが、こちらのてがきろうブログにおいても書くことにします。

東上線ダイヤ改正

ダイヤ改正日は

2021年3月13日(土)

です。

ダイヤ改正の概要は次の2つです。

  1. 終電時刻が10~15分程度繰り上がる
  2. 上りTJライナーが2本増発される

これら以外の変更点はほとんどないようです。

終電時刻繰り上げ

2021/1/27現在、緊急事態宣言発令に伴い、東武東上線では終電時刻の繰り上げが実施されています。

3/13のダイヤ改正で行われる下りの終電繰り上げ幅は、1/27現在行われているものと同じで、以下のとおりです。

池袋発終電時刻

到着駅 改正前 改正後
成増まで 0:45 0:35
川越市まで 0:44 0:30

成増までは普通(各駅停車)、川越市までは準急を利用することになります。

現在の緊急事態宣言下において、上り電車(池袋行)の終電繰り上げは実施されていません。しかし春のダイヤ改正では

上り電車の終電時刻も繰り上がります。以下に主要駅の上り終電時刻を判明している範囲で記します。

主要駅からの上り終電時刻

出発駅 改正前 改正後
小川町 22:54 23:05
森林公園 23:10 23:21?
坂戸 23:23 23:34?
川越市 23:42 23:42?
ふじみ野 23:52 23:52?
志木 0:08 0:01
成増 0:18 0:12
上板橋 0:24 0:18
大山 0:30 0:24
池袋到着 0:22準急

0:35普通

0:22準急

0:29普通

?がついているものは確定ではなく、私が推測した終電時刻です。

1/27現在は小川町~霞ケ関利用者が小川町始発準急、川越市~柳瀬川利用者が川越市始発準急、志木~北池袋利用者が志木始発普通を利用し終電で池袋にたどり着けることになっています。それら準急から志木で乗り換えれば普通のみ停車する都内の駅にもたどり着けます。

改正後は志木~北池袋発の上り終電時刻が6~7分早まるようですね~。

現在の23:42発川越市始発準急が、小川町始発に変わります。そのため川越市~柳瀬川の上り終電時刻はおそらく変わりません。

一方それに伴い、霞ケ関~小川町では上り終電時刻

なんと繰り下がります。

これはびっくりです。へ~っという感じですよ。

改正後も上記の時刻までに電車に乗れば、成増で乗り換えて普通のみ停車する都内の駅にもたどり着けます。

東上線は終電時刻の繰り上げ幅が他路線に比べてかなり緩いです。影響は他路線に比べるとかなり少ないでしょう。

上りTJライナー2本増発

現在平日に上りTJライナーが2本運転されています。森林公園6:11発と8:18発にそれぞれ1本ずつです。

今度の春のダイヤ改正ではそれに加え森林公園6:27発、7:52発を増発するそうです。

森林公園 東松山 坂戸 川越 ふじみ野 池袋
6:11 6:15 6:25 6:36 6:43 7:05
6:27 6:31 6:41 6:53 7:00 7:26
7:52 7:56 8:06 8:19 8:49 8:49
8:18 8:22 8:32 8:43 9:11 9:11

攻めますね~

と個人的に思いました。朝の東上線は線路容量がもういっぱいです。列車本数を増加させることは難しいので、急行や準急の一部をTJライナーに置き換えるのでしょう。

そうすると急行や準急の混雑率は必然的に増加します。また準急や普通の所要時間は通過待ちのため増加することが予想されるので、TJライナーを利用しない方々にとっては利益の少ないダイヤ改正となるなぁといった感想です。

ただ今はコロナ禍で需要が減っているので、この東武の戦略はうまくできているなと考えました。池袋8:49着のTJライナーとかは、この状況の中でもものすごく需要がありそうです。池袋が職場であれば9時始業に間に合うかもしれない時間帯だからです。

気になる点(考察)

他社線「から」の接続

気になる点は他社線「から」の池袋駅での接続です。他社線「へ」の接続は今回は考えません。

JR東日本からの接続

2020/12/18にJR東日本からダイヤ改正に関する発表があり、終電付近時間帯の詳細時刻表が発表されました。東上線終電に間に合う電車の池袋到着時刻、その路線終電の池袋到着時刻は以下のとおりです。

路線  川越市行接続終電 成増行接続終電 池袋終電
山手線

(渋谷・新宿方面から)

0:21 0:30 0:54
山手線

(東京・上野方面から)

0:23 0:31  1:04
埼京線

(新宿方面から)

 0:05 0:05 0:05
埼京線

(赤羽方面から)

0:20 0:20 0:54

★この後0:34池袋着あり

山手線から普通成増行の利用者は準急川越市行利用者より1本遅い電車まで利用可能です。

埼京線からは準急、普通ともに同じ電車に乗ることになりそうです。

赤羽方面からの埼京線は、0:34池袋着の電車があるようです。

しかし普通成増行への時刻表上の乗換時間は1分しかなく、東上線ホームから最も遠い1、2番線ホーム(もしかしたら3、4番線到着だが、それでも山手線より遠い)に到着するでしょうから、接続は不可能であると思ったほうがよいでしょう。

東京メトロからの接続

1/26に東京メトロからもダイヤ改正に関する発表があり、終電付近時間帯の詳細の時刻表が発表されました。東京メトロの最終電車およびその1本前の池袋到着時刻は以下のとおりです。

路線 終電1本前 終電
丸ノ内線 未発表 0:30
有楽町線

(新木場方面から)

0:22 0:33
副都心線

(渋谷方面から)

0:11 0:24

緑太字が準急川越市行に、黒太字が普通成増行に接続します。

副都心線の終電からは準急川越市行、普通成増行ともに接続します。

丸ノ内線の終電からは普通成増行のみ接続します。準急に乗るなら終電1本前の丸ノ内線に乗る必要があるでしょう。

有楽町線は池袋0:22着の電車なら準急川越市行、普通成増行ともに間に合います。有楽町線の終電は池袋行で0:33に着きます。

普通成増行への乗換時間は2分あります。山手線からなら十分間に合いますが、有楽町線からだと間に合わない可能性が高いです。

以前私が乗換時間3分で東上線から有楽町線に乗り換えの際、間に合わないことがありました。少し油断すると3分では間に合いません。

よって有楽町線から東上線終電に乗る場合、0:22池袋着の電車に乗るようにしてください。

西武からの接続

2020/11/9に西武からダイヤ改正に関する発表があり、終電付近時間帯の詳細の時刻表が発表されました。西武池袋線最終電車の池袋到着時刻は以下のとおりです。

路線 飯能からの準急 小手指からの各停
池袋線 0:04 0:10

西武池袋線飯能からの上り終電に乗れば、東上線準急川越市行、普通成増行の終電には間に合います。

逆に西武池袋線池袋発の下り終電はダイヤ改正で30分前後大幅に早まる予定なので、ご利用の方はご注意ください。

東上線関係の終電は大きく心配する必要はなさそうですね。

今回の記事は以上です。お役に立てると幸いです!

 

広告
手書き文字や東武東上線に関する情報を手に入れたい!