東武東上線の人身事故件数に対する浅い考察

記事執筆日である2021年1月28日、東武東上線の下赤塚駅構内で人身事故が発生してしまいました。

今年(2021年)に入って3度目の人身事故です。

この人身事故を含め、各人身事故に関する詳細は他の報道機関や鉄道人身事故データベースさんが掲載しているので、そちらをご覧ください。

この記事ではここ11年の東上線内で発生する人身事故の件数に着目します。

過去およそ10年の件数データ

鉄道人身事故データベースによると東武東上線では2010年1月から合計で

334件

の人身事故が発生しているようです。このうち3件は今年(2021年)に入ってからであり、その3件を抜いた2010~2020年の丸11年の人身事故件数は331件であり、年平均

およそ30件

も人身事故が発生してしまっています。これは大変なことです。

2010年からの路線別累計人身事故件数は以下のとおりです。

順位 路線名 件数
1 山陽本線(JR西) 440
2 中央本線(JR東) 347
3 東北本線 337
4 東武東上線 334
5 東海道本線(JR西) 296
6 中央線快速 275
7 東海道本線(JR東海) 274
8 神戸線(JR西) 271

※2021/1/28現在

このランキングに含まれる路線のうち、○○本線の路線長はどれも100 kmを超えています。そのため件数が多いと考えられる面があります。

では路線長100 km以内の路線の累計人身事故件数を改めて掲載します。

順位 路線名 件数
1 東武東上線 334
2 中央線快速 275
3 神戸線(JR西) 271
4 京浜東北線 264
5 小田急小田原線 248
6 西武新宿線 209
7 京急本線 206
8 京王線 198

※2021/1/28現在

表から、路線長100 km以下の中での人身事故件数は、断トツであることがわかります。2位の中央快速線よりも60件近く多く、不名誉なことです。

東上線で発生する人身事故件数は2011年の22件、2016年の17件を除き、毎年月2回ペース(年間24件)以上です。これは異常な数値です。

こうなってしまう原因にはうわさも含め次の要素が挙げられます。

東上線で人身事故が多い理由

  1. ホームドアがついている駅が少ない
  2. 踏切が多い
  3. オレンジ色の車両に対する心理的影響(うわさ)
  4. 賠償金が他路線より安い(うわさ)

この中で最も大きな理由は②でしょう。鉄道人身事故データベースによると、東上線の人身事故件数は

駅構内 駅間
152 175

※合計が334件ではないのは、まだ反映されていない件数がいくつかあるため

であり、駅構内より駅間で起きるほうが多くなっています。この原因はまさに前述のとおり踏切が多いことが原因でしょう。

東上線に乗れば、その踏切の多さに驚くはずです。

あまりの人身事故の多さに、長年の東上線利用者は人身事故に慣れてしまったようにみえます。

私も人身事故が起きると

「あぁ、またか」

ぐらいに思うようになってしまっています。これはよくない傾向です。

前述しましたが、2016年は1年間でたった17回しか人身事故が発生しませんでした。

たった17回という言葉がおかしいのですが、この年はなかなか平和だったのを思い出します。この年は本当に人身事故で電車が止まらないな~って思いました。

まぁこの年に東上線脱線したんですけどね。

さすが東上線。止まる理由がワイルドすぎる!

今回は件数を少しまとめただけであり、あまり詳しく分析しない記事になってしまいましたが、後日より突っ込んだ記事を書く予定です。

この記事も何度か再執筆する予定でいます。

東上線の人身事故が減ることを願います。

東上線に限らず全国で事故が減ることを望みます。

広告
手書き文字や東武東上線に関する情報を手に入れたい!