東武スカイツリーライン70000系(70090型を含む) 編成ごとの特徴

系列の概要は他サイトや他のYouTube動画に多数上がっておりますので、そちらをご覧ください。

仕様による分類

東武スカイツリーライン70000系は次のように分類されます。

前期型(71701F~71710F)

項目 内容
防犯カメラ LCD横に準備工事
座席 幅460 mm、7人掛け
座席付近のスタンションポール 2、3、2人に分けるように1本ずつ、光沢
コンセント なし
貫通戸 片面、通常レバー

後期型(71711F~71718F)

項目 内容
防犯カメラ LCD横に準備工事
座席 幅460 mm、7人掛け
座席付近のスタンションポール 2、3、2人に分けるように1本ずつ、滑り止め加工
コンセント なし
貫通戸 片面、通常レバー

70090型(71791F~71796F)

項目 内容
防犯カメラ LCD横に千鳥配置で設置、未設置部は準備工事
座席 幅460 mm、6人掛け
座席付近のスタンションポール なし
コンセント あり、THライナー時のみ
貫通戸 片面、アシストレバー

現在このページは試作段階です。情報の正確性は感覚量で半分程度です。今後2021年度にかけて随時修正してまいります。誤った情報がございましたら、コメント、TwitterのDMにご記載ください。

次のページに編成ごとの特徴、情報を掲載しています。

広告
NO IMAGE
手書き文字や東武東上線に関する情報を手に入れたい!