【直線的】カタカナ「マ~ヤ行」の美しい書き方

  • 2020年2月15日
  • 2020年2月16日
  • 未分類
  • 55回閲覧

今回の記事ではカタカナ「マ~ヤ行」の美しい書き方を紹介します! 少しバランスをとるのが難しい字が多いかもしれません。

 

  1. 半分高さより上から右上がりの直線を描き、右まで行ったら図のように折り曲がります。折り曲がりの線は少し曲線を描いたほうがよいでしょう!
  2. 中央より少し左のあたりから点を描くように線を描いて完成! 始点を1画目にかぶせたり、1画目とつなげて書いたりしないようにしましょう
てがきろう
1画目の折り曲げを適当にやると少し子供っぽい字になりますね

  1. 上部に右下がりの線を描きます。長く描かないようにしましょう
  2. 中央部にまた右下がりの線を図のように描きます
  3. 下部にも右下がりの線を描いて完成! 3画目が線が1番長くなるとバランスよくみえます
画像はカタカナ「ニ」の流用ですが、しっかりかかないと図のようにメリハリのない字になってしまいます。ミが数字の三(みとも読みますが)に間違えられるかもしれません。

  1. 中央上部から左下に向かって直線を引きます。このときふくらまないようにしましょう。正三角形の左の辺を描くイメージです。その後図のように右にゆるやかに上がります
  2. 半分高さのところ右から1画目の終点と重なるように右下がりの線を描いて完成 一般的な点画より少し長いです

  1. カタカナ「ノ」のよう左はらいの線を描きます。少し細め(より急な左はらい)のほうがかっこいいかもしれません
  2. 先ほどの「ム」よりも長く傾斜が緩やかな点を描いて完成! 中央部で1画目と交わるとよいでしょう!

 

てがきろう
この「メ」は細長いかもしれません。1画目は「ノ」のように描くといいかも

 

  1. 上側に短めの右上がりの線を描きます
  2. 半分高さわずか上に1画目とほぼ平行の右上がりの線を描きます。2画目は1画目より長く描くとバランスが良いです
  3. 1画目中央から下に線を引っ張って、図のように滑らかに曲げて完成!。この曲がりは丸すぎたり角張りすぎたりしないようにしましょう
てがきろう
上半分に「ニ」を描くイメージだね

  1. マスの半分高さからやや右上に向かって直線を描き、図のように折れて払います
  2. 左側から右下に向かうような線を描いて完成!
1画目がしっかりとまっすぐに上に上がっていなかったり、2画目が垂直に下がっていたり逆に斜めになりすぎたりすると、非常にバランスが悪く見えてしまいます!

  1. 図のようにカタカナ「コ」の1画目の小さいバージョンを描きます
  2. 左側から長い線を図のように描いて完成!
!マークをもう一つつけたいくらい、これはかなり注意してほしいことです!! 2画目の線が短いとカタカナの「コ」に見えてしまう場合があります。コの字はけっこう頻繁にみられます。読み間違いを防ぐためにも注意してほしいです!

  1. 逆に今度は「コ」の1画目を大きめに描きます
  2. 半分高さから1画目の横線と平行になるように描きます
  3. 3画目も1、2画目と平行になるように描いて完成!
てがきろう
横線は全部同じくらいの長さになるのがバランスが良いと個人的に思っています

 

「マ」~「ヤ」行は直線的な字が多いと感じました。曲線ぽい部分もありますがかなり緩やかです。ですからしっかりとメリハリを付けるように書きましょう!

また「ユ」に関しては「コ」と間違われないようにしっかりと書くようにしていってほしいです。

今回は以上です。最後まで読んでくださりありがとうございました。

広告
手書き文字や東武東上線に関する情報を手に入れたい!

未分類関係の情報